主観での人事評価から脱却するポイントとは?定量情報まで細分化しよう
企画・設計
集団面接と個人面接の役割や目的の違いとは?うまく使い分けよう
面接手法
極端化傾向とは?小さい差が不公平な人事評価を生じさせる原因となる
傾向
記事カテゴリー

主観での人事評価から脱却するポイントとは?定量情報まで細分化しよう

人事評価制度とは、社員の働きぶりについて会社側が客観的指標のもと評価を行うシステムのことです。人事評価では業績・能力・情意の3要素を評価することが大切ですが、評価の公平・公正さを保つためには主観からの評価から脱却することが大切です。今回は評価のブレが起きやすい定性情報を定量情報にすることの重要性や具体例について説明します。

集団面接と個人面接の役割や目的の違いとは?うまく使い分けよう

採用のプロセスを大幅に見直して採用活動の質向上を図るためには、集団面接と個人面接の役割を比較して明確にすみ分けを行うことも大切です。今回は、面接の目的、見極めるべき項目、企業側・候補者側それぞれのメリット・デメリット、そして面接実施にあたり必要となる準備について、集団面接と個人面接を比較する形で説明します。

極端化傾向とは?小さい差が不公平な人事評価を生じさせる原因となる

極端化傾向とは、評価に差を付けようとするあまり少しの差を必要以上に大きく評価してしまい、極端な評価に二極化してしまう心理的偏向の一種です。人事評価の結果、平均的な評価の人が多すぎるのではないか?と考え、少しの評価の差を人事評価時に大きくしてしまうことです。今回は極端化傾向について説明します。

離職理由に嘘や建前が多い理由とは?離職防止には本音を引き出すことが大切

多くの人が離職理由として建前を会社に伝えており、本音の理由は別に存在します。「離職前に揉めたくない」「なるべく円満に辞めたい」思いから、本音の離職理由を伝えないことが考えられています。離職を改善するためには、日頃から不満を吸い上げる、本音を言える環境を作っておくことが大切です。今回は離職理由に嘘や建前が多い理由について説明します。

ジュニアボード制度のやり方とは?研修実施前の事前準備や注意点について

ジュニアボード制度とは、若手・中堅社員が企業経営の施策に対して提言する疑似役員会のことであり、若手・中堅社員の経営への参画意識を高めるのに非常に有効な手法です。ジュニアボード制度を実施するためには、メンバーや議題の選定など、様々な準備が必要です。今回はジュニアボード制度のやり方について説明します。

パタハラ対策に活用できる厚生委労働省のパンフレットの内容とは?

パタハラとは「パタニティハラスメント」の略称で、育児休暇や時短勤務を希望する男性に対して行われる嫌がらせのことを指します。男性の育児休業取得率はまだ低い水準にあり、パタハラが存在することも1つの原因として考えられます。パタハラを含め、厚生労働省は企業にハラスメント対策を促進するためにパンフレットを配布しています。今回は厚生労働省が配布するパンフレットから、パタハラとなる基準などについて説明します。

サンクコスト効果とは?コスト削減を効率的に判断するために

サンクコストとは取り戻すことができないコストのことです。サンクコスト効果(コンコルド効果)とは、過去にかけた時間や費用を取り戻そうと考えることで将来に対して正しい判断ができなくなることです。企業のコスト削減を実現するためにはサンクコスト効果を理解し、正しい判断ができているかを客観視することが大切です。今回はサンクコスト効果について説明します。

人事評価制度に欠かせない評価項目とは?業績・能力・情意を理解しよう

人事評価制度とは、社員の働きぶりについて会社側が客観的指標のもと評価を行うシステムのことです。人事評価を行うためには、評価を行う項目を具体的かつ明確にし、評価基準についても主観ではなく客観的に判断できるところまで落とし込むことが大切です。今回は人事評価制度に欠かせない評価項目について説明します。

集団面接の準備と全体の流れとは?人材を見極めるポイントについて

集団面接とは、選考の初期段階で行うグループ面接のことで、採用効率の向上を図ることができる面接手法です。集団面接では、自社の採用要件を最低限満たしているかを複数の面接官でぶれずに判定できるよう、集団面接の準備、全体の流れを事前に確認・準備しておくことが大切です。今回は集団面接の準備と全体の流れについて説明します。

対比誤差が起きる原因や対策方法とは?現場管理職の評価は公正ですか?

対比誤差とは、評価者自身の能力や価値観を基準として部下を評価してしまうことです。優秀な現場管理職が「自分と同じやり方だから評価する」「自分と異なるやり方だから評価しない」など、公正な人事評価を妨げる原因ともなってしまう心理効果です。今回は対比誤差が起きる原因や対策方法について説明します。