行動力がない人材の特徴とは?社員の行動を引き出す4つのポイント
スキル
厚生労働省が設定するブラック企業とは?実例から自社を見つめ直す
モラハラになる言葉の具体例とは?善意の言葉でも言い換えが必要
モラハラ
記事カテゴリー

厚生労働省が設定するブラック企業とは?実例から自社を見つめ直す

ブラック企業とは、長時間労働やハラスメント行為などが常態化し、残業代の未払いといった違法行為が行われている企業を指します。厚生労働省は毎月ブラック企業についての企業名や内容などの事例を公表しており、リストに掲載されると世の中からブラック企業として認定されてしまいます。今回は厚生労働省が設定するブラック企業の認定基準や条件について説明します。

モラハラになる言葉の具体例とは?善意の言葉でも言い換えが必要

職場におけるハラスメントには、セクハラ、パワハラ、マタハラなど様々な種類が挙げられます。日本労働組合総連合会の調査では、職場でハラスメントを受けたことがある労働者は約38%と多くの労働者がハラスメントを受けている実態があります。ハラスメントを受けた際には誰にも相談しないことが多く、理由として相談しても無駄であると思っているようです。全国就業実態パネル調査では、ハラスメントの見聞きが若い世代ほど多く、シニア世代ほど低くなりますが、世代ギャップによりシニア世代が「ハラスメントと認識していない」可能性もあるでしょう。今回はハラスメントの一種であるモラハラになる言葉の具体例について説明します。職場でのハラスメントは多くの企業で起きており、シニア層はハラスメントではないと考えていたとしても若年層はハラスメントだと感じてしまうこともあり、ハラスメントが起きていても相談されないこともあるため、客観的な視点で自社を見直す必要があります。モラハラは立場に関係なく発生するため、全従業員を対象とした施策や教育研修が求められます。現状把握や対策がしにくいですが、それでも対策はしなければなりません。

プラセボ効果が生まれる原因や理由とは?根拠を持って活用できるのか

プラセボ効果は「偽薬効果」とも呼ばれ、本来効果のないものであっても自身が効果があると思いこむことで、実際に効果を出すことです。ビジネスでも、部下が上司から期待されている、自分はできると思いこむことでパフォーマンスを向上させる効果が期待できます。しかし本来効果がないはずなのになぜ効果が出るのでしょうか?今回はビジネスでプラセボ効果が活用できるのか、プラセボ効果が生じる原因や理由について説明します。

上下関係がいらない会社とは?自社に適した組織を目指すために

職場の人間関係の一つに上下関係があります。上下関係は仕事のパフォーマンスや離職意向に影響を与えていますが、上下関係がいらない組織も存在します。上下関係の存在と会社としての優劣は別物であるため、自社にとって適した組織はどちらかを様々な視点から考える必要があります。今回は自社の上下関係をなくしたい場合に考慮すべき内容について説明します。

従業員の離職を防止するために、施策と期待のギャップを認識しよう

従業員の離職防止は多くの企業における課題となっています。離職防止施策として企業内訓練などを実施する企業は多いですが、従業員側は離職防止施策としてはあまり効果がないと回答しています。離職防止施策を実施するためには、組織が一方的に施策を考えるだけでなく、従業員が何を求めているのか、従業員が離職してしまう理由は何かを把握して効果的な防止施策を講じることが大切です。今回は従業員の離職を防止するために企業が実施している施策と従業員が期待する施策のギャップについて説明します。

就活カフェとは?就職活動生が集まるカフェの費用対効果とは

就活カフェは、就職活動の学生にとってお金と時間を節約でき、企業にとっては新たな母集団形成の手段として注目を集めており、件数も増加傾向にあります。就活カフェを活用することで企業にとっても様々なメリットがありますが、費用は安くないため、慎重に検討する必要があります。今回は就活カフェについて説明します。

行動力のある人材のシンプルな特徴とは?育成可能な部分を見極めよう

行動力とは「目的のために積極的に行動する力」です。行動力のある人は「目的意識を持っている」というシンプルな特徴があります。行動力を見極めたり育成するためには、主体性や挑戦志向などの価値観に依存する部分は採用時に見極め、知識量や優先順位付けなどは教育研修で育成する方法が効果的です。今回は行動力のある人材の特徴について説明します。

ブラック企業の特徴とは?共通する5つの特徴について

近年社会問題となっている「ブラック企業」。長時間労働やハラスメント行為などが常態化し、残業代の未払いといった違法行為が行われている企業を指します。こういった企業での過酷な環境での労働者の使い捨ては社会問題となっています。 今回は、この「ブラック企業」の特徴などについて掘り下げます。

職場におけるモラハラの具体的な事例とは?裁判に発展する可能性も

モラハラはモラル・ハラスメントの略で、精神的な嫌がらせのことです。モラハラは意図的な嫌がらせだけでなく、普段の言動がモラハラとして認定され、最悪の場合裁判にまで発展してしまう可能性がある問題です。今回は職場におけるモラハラの具体的な事例について説明します。