ジョブ・クラフティングとは?従業員が主体的に働くために必要なこと
テクスチュアルハラスメントの具体例や起きる原因、対策方法とは?
テクハラ
人事業務における現在志向バイアスの影響とは?立ち止まって考える
記事カテゴリー

ジョブ・クラフティングとは?従業員が主体的に働くために必要なこと

ジョブ・クラフティングとは、従業員一人ひとりが仕事の捉え方や業務上の行動を主体的なものへと修正することで、退屈な作業や「やらされ感」のある業務を、自らやりがいのあるものへ変容させる手法のことをいいます。モチベーションと生産性は密接に関係しているおり、モチベーションの向上が自社の労働生産性・業績の向上につながります。今回はジョブ・クラフティングについて説明します。

テクスチュアルハラスメントの具体例や起きる原因、対策方法とは?

テクスチュアルハラスメントとは、文学作品などのテキストに対して性差別を行うことです。「女性にはこんな論理的な文章は書けない」などと決めつけることがテクハラに該当します。あまり馴染みのないハラスメントではありますが、女性の活躍推進を行う上で大きな障害となります。今回はテクスチュアルハラスメントの具体例や起きる原因、対策方法について説明します。

人事業務における現在志向バイアスの影響とは?立ち止まって考える

現在志向バイアスは目の前にある事柄を過大に評価してしまう心理傾向です。現在志向バイアスに陥ると、目先の利益を優先したり問題の解決を先送りにしてしまうといったデメリットがあります。今回は現在志向バイアスが人事業務に与える影響や対策方法について説明します。

降格人事とは?必ずしも処罰や評価の低下を示すものではない!

降格人事とは従来の地位や役職より下位に配属する人事のことです。懲戒処分・人事異動として降格が発生しますが、人事異動による降格は必ずしも処罰や評価の低下を示すわけではなく、適材適所を実現した結果広告人事が発生する可能性があります。今回は降格人事や実施する上での注意点について説明します。

ヘッドハンティングは合法?違法となる可能性を検証!

ヘッドハンティングとは、自社が求める優秀な人材を他社からスカウトし、採用する事です。ヘッドハンティングは基本的には合法ですが、チーム単位で引き抜きを行うなどの場合には違法性が認められ、賠償問題に発展する可能性もあります。今回はヘッドハンティングの違法性について説明します。

ロジカルシンキングを活用するための帰納法・演繹法とは?

ロジカル・シンキングは論理的思考とも言われ、筋の通った論理から結論を導き出す思考方法です。目の前にある事象を分かりやすく分解し、漏れなくだぶりなく整理・分析することで、より正しく合理的な「最適解」を導き出せます。ロジカルシンキングを理解するためには、帰納法や演繹法と言った論理展開手法の理解が大切です。今回はロジカルシンキングに活用される帰納法や演繹法について説明します。

バウンダリレスキャリアとは?会社にとらわれない価値観について

バウンダリレスキャリアとは、自社組織にとらわれないキャリアの考え方です。人材の流出を防ぎたい企業としては容認したくない概念ではありますが、時勢として副業解禁などの流れもあり、バウンダリレスキャリアを考えた上で自社で働きたいと思ってくれる魅力的な組織づくりが重要でしょう。今回はバウンダリレスキャリアについて説明します。

ウェルビーイングの取り組み方法とは?従業員を幸せにするために

ウェルビーイングとは、個人やチームが、身体も心も社会的にも健康な状態であることを意味する概念です。ウェルビーイングを実現するためには、ウェルビーイングを構成する要素や取り組み方法を知っておくことが大切です。今回はウェルビーイングの取り組み方について説明します。

テクスチュアルハラスメントとは?文章による決めつけによって発生する

テクスチュアルハラスメントとは、文学作品などのテキストに対して性差別を行うことです。「女性にはこんな論理的な文章は書けない」などと決めつけることがテクハラに該当します。あまり馴染みのないハラスメントではありますが、女性の活躍推進を行う上で大きな障害となります。今回はテクスチュアルハラスメントについて説明します。