ナラティブアプローチとは?従業員の自主性を生み出すために
キャリア
プレゼンティーイズムとは?出社しても生産性が低い状態に陥る理由
労働生産性
パフォーマンスマネジメントのやり方や注意点とは?人事部のサポートが大切
労働生産性
記事カテゴリー

ナラティブアプローチとは?従業員の自主性を生み出すために

ナラティブアプローチとは物語や語りによるアプローチのことで、相手の語る物語を通してその人らしい解決方法を見つけるカウンセリングなどに用いられている方法です。ナラティブアプローチは、キャリアビジョン形成やマネジメントによる部下への教育にも活用することができます。今回はナラティブアプローチについて説明します。

プレゼンティーイズムとは?出社しても生産性が低い状態に陥る理由

プレゼンティーイズムとは「出社しているが心身の状況の悪さから生産性が上がらない状態」のことです。日本人は勤勉と言われていますが、有給取得率は40%とヨーロッパ諸国に比べると低い状態である一方で、風邪等で欠勤するボーダーラインとして発熱37.9度を挙げるほど、無理して働いている実情があります。今回はプレゼンティーイズムについて説明します。

パフォーマンスマネジメントのやり方や注意点とは?人事部のサポートが大切

パフォーマンスマネジメントとは1970年代に提唱されたマネジメント手法で「部下や従業員の目標管理を通して、組織全体の目標達成を実現するマネジメント手法」です。パフォーマンスマネジメントを実施するためには、評価制度の抜本的な見直しが必要になります。今回はパフォーマンスマネジメントのやり方や注意点について説明します。

マリッジハラスメント(マリハラ)が生じる原因や対策方法とは?

マリッジハラスメント(マリハラ)とは、結婚にまつわる嫌がらせのことです。「結婚するのが当たり前」「結婚してないとおかしい」「既婚者はエライ」という価値観を押し付けた発言です。厚意や親切心から出た発言であっても、ハラスメントとみなされる可能性は十分にあります。今回はマリハラが生じる原因や対策方法について説明します。

希望的観測とは?希望や願望による判断が深刻な問題を引き起こす

希望的観測とは、根拠や理にかなった理由もなく「そうなって欲しい」という、希望に影響されてものごとを判断してしまうことをいいます。ポジティブ思考でプラスに働くケースもありますが、論理的な根拠がないので地に足のついた考え方ではなく、確実性に欠ける観測でしかありません。今回は希望的観測について説明します。

従業員が評価しあう360度評価の落とし穴とは?失敗例と対策を紹介

360度評価とは、上司や人事部だけでなく、共に働いている部下や同僚などの意見も取り入れて評価する制度です。360度評価を導入する企業は増えていますが、一方で導入していたのにも関わらず辞めてしまった企業も多くいます。今回は360度評価における失敗例や対策について説明します。

留学生採用とは?人手不足の解決策だけではない様々なメリットについて

少子高齢化によって労働力人口の減少が懸念される中、外国人留学生の採用が注目されています。人数確保の観点だけでなく、日本で住んでいたからこその言語能力やコミュニケーション能力の高さや、今までにない発想などをもたらしてくれる可能性があり、様々なメリットがあります。今回は留学生採用について説明します。

クリエイティブ・シンキングのやり方や実施方法とは?4つの手法を活用しよう

クリエイティブ・シンキングとは拡散思考・水平思考とも訳され、枠組みにとらわれないアイデアを生み出す自由な発想方法のことです。クリティカルシンキングを実施するためには、4つの手法を理解して、それぞれに取り組んでみることが大切です。今回はクリエイティブシンキングのやり方や実施方法について説明します。

ストレッチ目標の設定方法や運用時の注意点とは?フォローが大切

ストレッチ目標とは、ただ単純に手を伸ばしても届かない、並大抵なことでは達成困難な目標のことです。達成困難な目標を設定したことによって、従業員も予想以上に成長する可能性もありますが、適切な運用を行うにはフォローが必要不可欠であり、フォローがないとパワハラとみなされる可能性もあります。今回はストレッチ目標の設定方法や運用時の注意点について説明します。

パフォーマンスマネジメントとは?自発的な行動を促す手法

パフォーマンスマネジメントとは1970年代に提唱されたマネジメント手法で「部下や従業員の目標管理を通して、組織全体の目標達成を実現するマネジメント手法」です。目標管理については従来のマネジメント手法とほとんど変わりませんが、中長期的な目標をベースとした従来の評価方法に見られたタイムラグを防ぐことができます。今回はパフォーマンスマネジメントについて説明します。