行為者観察者バイアスとは?仕事の成功・失敗の原因追求を理解する
フィードバックとは?教育研修や人事評価をより効果的にする手法について
人事評価
採用面接の悩み別、12種類の面接手法メリット・デメリットについて
面接の仕方
記事カテゴリー

行為者観察者バイアスとは?仕事の成功・失敗の原因追求を理解する

行為者観察者バイアスとは、他人の行動については内面に原因があると考えるのに対して、自分の行動については原因が自分の外側にあると考える傾向のことです。仕事で成功したときに「同僚は環境に恵まれていた」、失敗したときは「本人の努力不足だ」と考えてしまうバイアスです。今回は行為者観察者バイアスについて説明します。

フィードバックとは?教育研修や人事評価をより効果的にする手法について

フィードバックとは、目標と行動結果の差を読み取り、達成に向けての軌道修正を意味しています。業務の結果などを行動した人や組織に対して伝えることであり、次の行動への改善点に活かせる方法としても高い利用価値があり、マネジメントの基本となっています。今回はフィードバックについて説明します。

採用面接の悩み別、12種類の面接手法メリット・デメリットについて

採用面接には、集団面接と個人面接、構造化面接と非構造化、電話面接・Web面接のように、様々な種類があります。人事担当者は面接の目的や採用課題に合わせて最適な面接手法を選定し、役員や経営者も含めて、面接担当者や採用関係者一同に意図や面接手順を教育しなければなりません。本記事では、5つのお悩み別に12種類の面接方法(手法)を網羅的に取り上げ、それぞれのメリット・デメリットを解説します。

論理誤差とは?事実ではなく推論に基づく判断が人事評価を狂わせる

論理誤差とは、似たような事柄を関連付けて考えてしまい、事実ではなく推論にもとづいて判断してしまう心理的偏向の一種です。スポーツ経験者だから根性がある、挨拶ができるなどと事実ではなく推論で人を判断してしまうことで、公平・公正な人事評価ができなくなります。今回は論理誤差について説明します。

ミレニアル世代の特徴とは?育った環境により生まれた価値観を理解しよう

ミレニアル世代とは、1981年~1995年ごろに生まれた世代であり、幼少期~学生時代から、パソコンやスマートフォンなどのインターネット環境が整っていた世代を指します。彼らはデジタルネイティブであり、SNSを通じて本来知り合えなかった人と交流を持つ機会に恵まれていたため、ミレニアル世代以前の世代とは異なる考え方をする傾向にあります。今回はミレニアル世代の特徴について説明します。

リフレクション(内省)を効果的に進めるための手順とは?

人材育成の分野における「リフレクション(内省)」とは、自分の考えや言動、行動について深く顧みることを言います。自分自身の業務フローや、業務に対する姿勢などを客観的に振り返り、失敗したこと・成功したことも含めて見つめ直し、新たな行動へと前向きに行動を変えていくことができるようになります。今回はリフレクションの取り組み方について説明します。

マタハラ放置は法律違反になる。マタハラへの対策方法も知ろう

マタハラとはマタニティハラスメントの略称で、妊娠や出産を理由とした嫌がらせのことです。近年注目されている女性活躍の推進を行う上でマタハラは阻害要因となるだけでなく、マタハラ対策は企業の義務としても定められています。マタハラ対策を実施しないことは法律違反に該当する可能性もあるため、早急に取り組むことが大切です。今回はマタハラを放置することで起こることや企業として取り組むべき対策方法について説明します。

認知バイアスへの有効な対策方法とは?種類ごとに対策しよう

認知バイアスとは、過去の経験などによる思い込みによって生じた偏見や先入観のことです。認知バイアスと言っても、ハロー効果やダニングクルーガー効果などの様々な種類があり、認知バイアスの対策をするためには一つ一つのバイアスに焦点を当てて対策することが大切です。。今回は認知バイアスの種類と対策方法について説明します。

1on1ミーティングの導入企業事例とは?管理職の育成にもつながる

1on1ミーティングとは上司と部下が一対一で面談を行うことです。主に部下の理解促進やコミュニケーションの活性化などを目的として、多くの企業で導入されています。近年は働き方改革やwithコロナ・ポストコロナという状況下にあり、ワークスタイルやコミュニケーションの形態そのものの変化の時期でもあります。この記事では、1on1ミーティングを導入し、職場環境の改善に成功した事例を3件紹介します。

面接実施前・面接中・面接実施後、3つのフェーズ別「面接の方法」とは

面接の方法を見直すことは、面接の質向上はもちろん、内定辞退や早期離職のリスクを回避することにも役立ちます。本記事では、面接実施前の準備段階、面接実施中、面接実施後の3つのフェーズで、面接官や人事担当者が何をするべきかを体系的に整理して、面接の方法を説明します。