ネガティビティバイアスが生まれる原因や対策方法とは?
垂直的評価とは?従来の人事評価制度が持ち合わせる課題について
企画・設計
ネガティビティバイアスとは?悪いことや辛い経験にとらわれないために
記事カテゴリー

ネガティビティバイアスが生まれる原因や対策方法とは?

ネガティビティバイアスとは、ポジティブな情報よりもネガティブな情報に注意を向けやすく、記憶にも残りやすいバイアスです。ネガティビティバイアスが発生する原因は、狩猟時代から身についたリスク回避が原因となっており、意識的に対策を行う必要があります。今回はネガティビティバイアスが発生する原因や対策方法について説明します。

垂直的評価とは?従来の人事評価制度が持ち合わせる課題について

垂直的評価とは上司が部下を評価する方法であり、日本企業の多くで導入・運用されてきた評価手法です。管理職にとっては、部下の教育・育成と並んで組織運営に関する基礎業務とも位置付けられ、この手腕により組織の生産性やロイヤリティが決まると言っても過言ではありません。今回は垂直型評価について説明します。

ネガティビティバイアスとは?悪いことや辛い経験にとらわれないために

ネガティビティバイアスとは、ポジティブな情報よりもネガティブな情報に注意を向けやすく、記憶にも残りやすいバイアスです。採用業務における求職者のイメージや人事評価等、様々なところでネガティビティバイアスの影響を受けています。今回はネガティビティバイアスについて説明します。

水平的評価とは?評価し合う人事制度のメリットとデメリットについて

水平的評価とは、従業員が相互に評価者・被評価者となって評価し合う制度のことです。一般に業績評価などの上司が部下を評価する垂直的評価と併用する形で用いられ、評価者と被評価者の認識のギャップを埋めるのに大きな効果があります。その代表として挙げられるのが360度評価(多面評価)などの評価手法です。今回は水平的評価について説明します。

クラッシャー上司への対策方法とは?部下へのマネジメントを考える

クラッシャー上司とは、部下を精神的に追い込みつつも成果を残していく上司のことを言います。業績を上げるために、部下に対し行き過ぎた指導を行ってしまうことが特徴です。クラッシャー上司については、具体的な対策を講じることが有効です。今回はクラッシャー上司への対策方法について説明します。

HPIとは?システム的に経営課題を効率よく解決していくために

HPI(Human Performance Improvement)とは組織の目標を達成するアプローチであり、個人と組織のパフォーマンス改善・向上を支援する方法です。HPIを実行することで、理想とする状態と現状が明確になり、現状を理想に近づけるためにどのような手法を実行することが必要かがわかります。今回はHPIについて説明します。

コントラスト効果の具体例や活用方法とは?過度に惑わされないように注意

コントラスト効果とは情報を比較させたときに、実際の差よりも大きく感じる心理効果であり、営業やマーケティングだけでなく、人事業務にも密接に関係している心理効果です。採用活動などでは、コントラスト効果は最大限に活用していくとよいですが、人事評価などでは、コントラスト効果に陥っていないか、客観的な視点で判断する姿勢が不可欠です。今回はコントラスト効果の具体例や活用方法について説明します。

業績評価とプロセス評価の活用方法とは?両者の違いを理解しよう

業績評価とプロセス評価には一長一短があり、どちらが優れているというものではありません。それぞれの特徴を理解して使い分けるバランス感覚が人事評価制度の設計では大切になります。多くの企業では、業績評価とプロセス評価の比重を設定して運用しています。今回は業績評価とプロセス評価について説明します。

OJD(On the Job Development)の実施方法や目標設定とは?

OJDは、業務の中で能力を開発していくための教育研修手法です。OJDを効果的に運用するためには、目標設定だけでなく、目標を達成するためのプロセスをしっかりと計画することに加え、OJDを実施している社員への適切なフォローを行うことが重要です。今回はOJDの実施方法について説明します。